日本酒・焼酎>> 焼酎>> 泡盛>> 崎元酒造所

幻の泡盛『尚円28』28度 720ml ※熟成が進むほど、にごりが消えていく不思議なお酒。

価格:¥3800- カードOK 送料別 税込み


■商品コード:alteck-shop:10000171
*** 商品情報 *** 商 品 名 琉球泡盛 尚円28 原材料 米こうじ 内容量 720ml アルコール分 28度 蔵 元 崎元酒造所 配送形態 ※当店では未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。  幻の琉球泡盛 尚円28 尚円28は 極少量生産泡盛で、沖縄県内でもほとんど流通しない幻の泡盛です。 弊社直営の7店舗(沖縄県内)でのみ取り扱っていますが、 販売数に限りがあるため店頭には陳列せず、 特別の方のみに、ご提供しているすごく貴重な泡盛です。 泡盛が熟成すると、味わいと香りが円やかになると言われています。 では、どのくらい熟成させるといいのでしょう? 半年?、1年?、3年? 熟成中の環境(気温や容器)でも違うため、飲んでみなければわかりません。 そんなあいまいな熟成期間を、誰にでもわかりやすくしたのが尚円28です。 尚円28は熟成が進むと濁りが消えていき、澄み切った状態まで熟成させることができます。 (目安は半年〜1年)。 ◇熟成前の濁った『尚円28』は・・・ 若々しい味わいの中のほのかな甘い香りが特徴的 ◇熟成中の少し濁った『尚円28』は・・・ 角のとれた円やかな味わいと深い余韻が楽しめます ◇熟成後の濁りの無い澄み切った『尚円度』は・・・ 円やかな味わいと甘い香りが口いっぱいに広がり深い余韻が楽しめます 濁った尚円28は、ブラックライトに照らすと淡く尚円のロゴが浮かび上がり、 幻想的な世界が楽しめます。 琉球王朝第二尚氏王統、 初代国王尚円王と”尚円28度” 離島の貧しい農民だった金丸(尚円王)は、28歳の時、越来王子(後の尚泰久王)の家来となり、10年後、第一尚氏王統、尚泰久王の家臣(黄冠)、4年後には西原間切の内間領主に任命、さらに5年後、御物城御鎖側官(貿易長官)に就任し、最終的には琉球王朝の王にまで上がり詰め立身出世を極め、400年続く琉球王朝第二尚氏王統の基礎を築いた国王です。 "濁り泡盛 尚円28度"は、金丸(尚円王)が28歳の時、越来王子(後の尚泰久王)の家来となり、出世の道が始まった事にあやかり"始まるきっかけ"や"物事を極める”などの始まりと決意のお酒になれる様にと名付けられました。 中央の"左三巴門(ひだりごむん)”は琉球王朝、王家の家紋で、平和な世が400年続いた、琉球王朝にあやかり、不変の価値を意味する黄金色を配色して不変の平和と繁栄を意味するデザインにしました。 "濁り泡盛 尚円28度"は極少量生産だから出来た、こだわりの特殊製法で、濁りを極力残したまま雑味のみを取り除く事に成功いたしました。 極少量生産の為、沖縄県内でもほとんど流通しない幻の泡盛です。


レビュー平均:4.67
 
商品カテゴリ
おすすめサイト
アクセスカウンター